OCとも呼ばれる低用量ピルはほぼ100%の避妊効果のある避妊薬です。効果、副作用、飲み方、通販での購入方法などを解説します。

低用量ピルの効果・副作用

低用量ピルの効果・副作用

アフターピルは事後に服用する事で妊娠するのを防ぐ避妊薬ですが、低用量ピル(OC)は毎日服用して避妊を防ぐ避妊薬です。毎日同じ時刻に服用するだけでほぼ100%の避妊効果を得る事が出来、避妊以外にも、生理痛の緩和など女性に嬉しい効果が様々あります。日本では服用している女性はあまりいませんが、海外ではポピュラーな薬で、特にヨーロッパの女性は愛用している方が多い薬です。日本で一般的であるコンドームは80%の避妊率しかない上、男性任せな方法です。妊娠するのは女性なので、女性が主体となり避妊しましょう。

低用量ピルの種類

低用量ピルにはたくさんの種類があります。含まれているホルモンの量によって3つにわかれています。1相性、2相性、3相性がありますが、1相性はすべての錠剤が同じホルモン量になります。飲み間違いなどの心配はありませんが、ホルモン量が多いため、不正出血などの副作用が若干多いとも言われています。生理周期の調整などに向いていると言われています。マーベロンなどが特に人気になっています。2相性はホルモン量が2段階に変化します。自然なホルモンバランスの変化に近いので、副作用が少ないとされています。3相性は3段階に変化します。2相性よりもさらにホルモンバランスの変化が自然に近くなり、体に負担が少なく、初心者向けの低用量ピルとされています。ただし錠剤が3種類あるので、飲み間違いないように気をつけましょう。トリキュラーが人気になっています。

低用量ピルの効果

低用量ピルの効果

低用量ピルを服用すると含まれているホルモンが脳下垂体に働きかけて、卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌を抑えます。すると卵巣にある卵胞は成熟せず、排卵が起こらないという事になります。また、受精卵を着床しにくい状態にしたり、精子を子宮に入りづらくする働きなどもあります。これらの働きにより、低用量ピルを服用していればほぼ100%避妊出来る事になります。ただし、性感染症を予防する働きはありません。性感染症を予防するにはコンドームなどを併用して下さい。

低用量ピルの避妊以外の効果

低用量ピルは、避妊以外にも様々なメリットがあります。生理痛の緩和、生理周期の安定、PMSの緩和、ニキビの改善、月経量の軽減、卵巣癌、子宮体部癌、直腸癌、リウマチなどの発症予防などの効果があります。また、低用量ピルを服用すると卵巣を休ませるので妊娠しやすい体をつくる事にもつながります。矛盾しているように思えるかもしれませんが、低用量ピルは不妊症治療に処方される事もあり、妊娠したいと思った時に妊娠しやすいような体にしてくれます。妊娠するには服用をやめれば2.3ヵ月で妊娠が可能になります。20代から低用量ピルを服用している方は、35歳以上になっても妊娠する確率が高かったというデータもあります。今は妊娠したくないけど、いずれは妊娠したい、と思っている女性にもお勧めです。

低用量ピルの副作用

低用量ピルの副作用

最近の低用量ピルは改良され、副作用はほぼないとされています。吐き気、不正出血、頭痛、むくみなどが起こる場合がありますが、これらはマイナートラブルと言われ、服用して1、2ヵ月でなくなるとされています。ただし3ヵ月程度服用しても治まらない場合は薬があっていない場合もあります。低用量ピルは非常にたくさんの種類があるので、他の低用量ピルを試してみるのもお勧めです。

低用量ピルの飲み方

低用量ピルは毎日同じ時刻に服用する事が大切です。自分で飲み忘れないような時間を決めましょう。生理の1日目から飲み始めます。1日目から服用すればその日から避妊効果を得られます。生理が始まってから2日目から7日目から飲み始めた場合、1週間は避妊効果は期待できないので、コンドームなどを利用しましょう。8日目以降の場合は次の生理を待って服用をスタートします。28日で1周期です。21日間服用し、22日目から28日目は服用を休みます。ですので通常の低用量ピルは21錠で1シートですが、薬を休む日数を忘れを防ぐ為、28錠タイプになっていて、7錠は偽薬という薬の成分が配合されていないものを飲むようになっているものもあります。

低用量ピルの値段

基本的に低用量ピルは保険適用外となります。そのため値段は病院によって異なりますが、28日分でおよそ2000円前後です。最近は通販でも購入する事ができるようになっていて、病院よりも安く避妊効果を得る事ができます。購入できる事が殆どです。まとまて購入すればさらに安くなり、1000円前後になる場合もあります。

通販での購入方法

販での購入方法

低用量ピルは個人輸入代行業者というものを利用して通販で購入する事も可能です。毎日服用するものなのでそのたびに病院で処方してもらうのは手間になってしまいます。いつでもどこでも購入でき、自宅まで届けてくれます。健康面で特に心配がなければ、通販での購入をお勧めします。診察代や交通費もかかりませんし、殆どは病院よりも安く購入する事ができます。また病院よりも多くの種類の低用量ピルを販売しているので、色々試してみたいという方にもお勧めです。日本で販売されていない海外のものも購入できます。ただし届くまでには10日程度かかりますので、余裕を持って注文しましょう。

アフターピル