アイピルはノルレボのジェネリックです。効果、副作用はノルレボと同じで、通販で1000円程度で購入ができます。

アイピルの効果・副作用

アイピルの効果・副作用

アイピルとは、アフターピルのノルレボのジェネリックです。ノルレボは保険適用外となるので、病院で処方してもらうと1錠15000円前後もする高額な薬ですが、アイピルなら約1000円という安さで購入できます。

アイピルの効果

アイピルはのノルレボのジェネリックですので、効果はノルレボと同じになります。事後に服用すれば、高い確率で妊娠を防ぐ事ができ、避妊に失敗した場合や性犯罪に巻き込まれてしまった場合に役立ちます。72時間以内に飲むとされていますが、24時間以内に服用すれば95%という高い避妊効果があり、なにかあった時でも、アイピルを服用すれば望まない妊娠や中絶などを防ぐ事ができる避妊薬です。排卵の周期を遅らせ、精子が受精しないようにする効果があります。

高い効果のある避妊薬ですが、その分体へ負担をかけてしまいます。常用するのは避け、あくまでも避妊用としましょう。避妊できたかどうかの判断もノルレボと同じになります。3日から3週間で消退出血があれば避妊はほぼ成功していると言えますが消退出血以外の出血である場合もあります。不安な方は病院に行くか、妊娠検査薬などで検査をしましょう。もしも3週間経っても出血がない場合は妊娠している可能性があります。すぐに病院に行きましょう。アイピルは高い避妊率ですが、100%というわけではありません。

アイピルの副作用

アイピルの副作用

最も多いのが吐き気です。アイピルは改良された薬なので副作用が少ないとされていますが、もしも服用してから2時間以内に吐いてしまった場合、薬の成分も排出してしまっているため、再度服用する必要があります。吐いてしまいそうな場合、市販の吐き気止めと併用しても構いません。また吐き気を抑えるために、食後すぐの服用、空腹時、お酒と一緒に飲む事は避けましょう。それ以外の副作用はめまい、頭痛、腹痛などがある場合があります。1日程度でおさまりますが、症状がひどい場合は医師に相談しましょう。

アイピルの飲み方

アイピルは少しでも早く飲む事が大切です。水やぬるま湯で1錠飲みましょう。「たくさん飲んだ方が効果が高そう」と思って多く服用するのは厳禁です。決められた用量を必ず守るようにして下さい。また、ピルと煙草の相性はよくないとされていて、血栓症のリスクが高くなるとされています。服用している間は禁煙しましょう。なお、35歳以上で一日15本以上煙草を吸う方は服用が禁止されています。

アイピルの値段

アイピルの値段

アイピルはジェネリック医薬品なので新薬のノルレボの10分の1以下の価格で購入する事ができます。1錠約1000円程度で、まとめて購入すればさらに安くなります。アフターピルは女性であればいつ必要になるかわかりませんので、安く購入して常備しておきましょう。早く服用する事が重要ですので、いつでもすぐに飲めるようにしておく事が大切です。

通販での購入方法

アイピルは海外のPiramalHealthcare社が販売している避妊薬なので、日本では購入できません。購入するには輸入するしかないのですが、個人輸入は手続きや言語の問題があって難しいので、個人輸入代行業者を利用しましょう。個人輸入といっても難しい事はなく、一般的な通販と同じような手順で購入する事ができます。誰にも会わずにいつでもどこでも購入できるので大変便利です。

ただし海外からの発送になるので到着までに10日程度かかります。アイピルは必要になってから購入するのでは間に合いませんのであらかじめ通販で購入しておいて万が一必要になった時にすぐに飲めるようにしましょう。

アイピルの偽物

アイピルの偽物

通販は大変便利なのですが、アイピルの偽物が販売されている事があります。薬が届かなかったり効果がないだけならまだいいのですが、中にはおかしな成分が入っていて、重篤な健康被害があったというケースもあります。このような偽物を作っている工場は不衛生な場合が多く、ねずみやゴキブリがいるような事も珍しくありません。また、麻薬と同じ場所で作られていて麻薬の成分がまぎれこんでしまい、知らないうちに麻薬中毒になってしまったという恐ろしい事もあるようです。

絶対に避けたい偽物ですが、最近の偽物は見た目が精巧で見分けるのは困難です。ではどうしたらいいのかというと、信頼できるサイトを選ぶ事です。クレジット決済ができなかったり電話対応をしていなかったりするサイトは怪しいサイトである危険が高いです。十分に気をつけるようにしましょう。また他のサイトに比べて極端に安かったりする場合も注意が必要です。ネットでの口コミを見たり、過去にトラブルなどを起こしていないかを調べるようにしましょう。事前にサイトに問い合わせてみるのもひとつの方法です。薬は体内に入れるものなので、十分に注意し、信頼できるサイトを選ぶ事が大切です。決して安いだけで選ばないようにしましょう。

アフターピル