緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルの効果、副作用、飲み方、通販での購入方法を解説します。

アフターピルの効果・副作用

アフターピルの効果・副作用

アフターピルとは、避妊に失敗したり、万が一性犯罪に遭ってしまった際などに、事後に服用する事で妊娠を防ぐ事ができる避妊薬です。もしも望まない妊娠や中絶となったら女性の心も体も大きく傷ついてしまい、その後の一生をも左右します。そうならない為に女性であればこのアフターピルがどういうものであるかを必ず知っておく必要があります。

アフターピルの種類

アフターピルには2種類に分かれています。

ヤッペ法(プラノバール)

2回服用する必要があります。72時間以内に1回目を、12時間後に2回目を服用します。しかしこの2回目の服用を忘れてしまったり服用できなかったりするケースも多く、副作用も強いとされています。特に吐いてしまう事が多くあり、服用から2時間以内に吐いてしまうと薬も吸収されずに排出されてしまっているため、さらにもう一度服用しなくてはなりませんでした。そのため、現在ではあまり利用されていません。

LNG法(ノルレボ錠)

ヤッペ法を改良したものになります。1回服用するだけで済み、副作用もかなり抑えられています。最近は殆どの産婦人科でこちらを処方されます。

アフターピルの効果

アフターピルの効果

アフターピルを服用すると受精卵が子宮内膜の着床を防ぎ、妊娠を回避する効果があります。早く服用するほど効果が高くなり、24時間以内で95%、72時間で75%と言われています。避妊に成功したかどうかの判断は、3日から3週間で出血があれば成功したと考えられます。ただし出血があっても、それ以外の出血である場合もあります。アフターピルは高い避妊率のある避妊薬ですが、100%ではありません。

避妊に成功したかどうかを確実に調べるには妊娠検査キットなどを使いましょう。通販ではアフターピルとセットで販売されている場合もあり、自宅で一人で簡単に検査する事ができます。3週間経っても出血がない場合、妊娠している可能性があるので病院に行った方がいいでしょう。なお、アフターピルは体に負担をかけてしまいます。常用する事は避け、あくまでも緊急用の避妊薬としましょう。避妊薬で日常的に避妊したい方は、トリキュラーマーベロンなどの低用量ピルを服用しましょう。

アフターピルの副作用

ノルレボ錠の場合は副作用は少ないとされていますが、最も多いのは吐き気です。吐いてしまったら再度飲まなくてはいけないので、食後、極度の空腹時は避けるようにしましょう。またお酒と一緒に飲むのもできれば避けましょう。もしも吐いてしまいそうになったら市販の吐き気止めと併用しても構いません。それ以外にめまい、腹痛、頭痛などがあります。1日程度でおさまりますが、あまりにも酷かったり長く続くようであれば医師に相談して下さい。

アフターピルの飲み方

アフターピルの飲み方

ヤッペ法もLNG法もどちらも水などで服用します。ヤッペ法は2回にわけて服用します。2回目は12時間後に忘れずに服用しなくてはいけません。LNG法は1回の服用のみです。どちらにしても、少しでも早く飲む事が最も大切です。その為に通販であらかじめ購入しておいて、もしもなにかあった時のために、いつでも飲めるように常備しておきましょう。

アフターピルの値段

アフターピルは保険適用外なのですべて自己負担となります。病院で処方される場合、ヤッペ法は5000円前後で、LNG法は15000円前後です。これだけを見るとヤッペ法の方がはるかにお得に見えますが、通販ではLNG法のノルレボ錠のジェネリックのアイピルという薬が販売されています。アイピルならたった1000円前後で購入する事が可能です。

通販での購入方法

通販での購入方法

アフターピルは、基本的には病院で処方してもらう必要がある避妊薬ですが、今は通販で購入する事も可能です。誰にも会わずにいつでも簡単に購入できるので最近人気になっています。ジェネリックも多く、診察代もかかりませんし病院よりもはるかに安くなります。ただし海外からの発送になるので、到着までに10日前後かかります。アフターピルの場合、それでは間に合いませんので、事前に通販で購入し、常備しておくことが大切です。

アイピル(アフターピルのジェネリック)

アフターピルは保険が適用されないので大変高額な薬です。もしもの時のために常備しておく事が大切ですが、使うかわからない薬のために15000円も払う方はなかなかいないでしょう。ですが万が一必要になった際に15000円を泣く泣く払うのでは痛い出費になってしまいます。あらかじめ約1000円でアイピルを購入しておけば慌てずに済みますし、早く飲める事で避妊率も高くなり、出費も最小限で済みます。ジェネリックなので効果や成分は同じになっています。日本でも認可され産婦人科でも処方されている薬のジェネリックなので安心して服用する事ができます。ただし海外の薬なので、通販でしか購入できません。通販を利用して購入しましょう。

アフターピル